スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神社での作法2

鈴はどういうふうに鳴らした良いのか?

鈴があるところでは お賽銭をお供えした後に、鈴を1-3回ほど鳴らし、その後、拝礼をします。

鈴を鳴らすのは、神様に参拝に訪れたことを気づいてもらうためです。

「これからご挨拶、お願いをさせていただきます」という合図を送るというわけです。

また、鈴を鳴らす意味はもうひとつあって「自分自身の邪気を払う」という目的もあります。

手を洗うことで「禊」をし、鈴を鳴らすことで「お祓い」をし、しっかりと身と心を清めた後で、神様にお願いをするのが正当な参拝となります。




拝礼の正しい順序は?

拝礼の正しいl順序は、「二礼二拍手一礼」と言われています。

2回しっかりと頭を下げ、できるだけ深くお辞儀をします。

次に、胸の高さで手のひらを合わせ、2回柏手を打ちます。

このとき、右手を少し下にずらして打っとよいでしょう。

打った後両手をそろえます。

そして、心の中で神機への感謝とお願いごとを唱えます。

最後にー礼して終了です。ほとんどの神社ではこの方法が正式ですが、八百万の神が集まるという出雲大社では「ニ礼四拍手一礼」が古くからの慣わしとして行われています。



異なる神社のお守りをいくつも持っていたらダメなのか?

いろんな神社を訪れると、せっかく来たのだからと、どうしてもその神社のお守りが欲しくなります。

違う神様のお守りをたくさん持っていると、神様同士がケンカをしてしまって、ご利益どころか運気が下
がってしまうんじゃないかと心配される方がおられますが、心配はいりません。


神社の根本原理である神道は元々「八百万の神」信仰です。神様はそのここにいて、自分のタイミングとお願いによりそれぞれの神様が助けてくれるという考え方です。

仏教が関係してきた場合にはちょっと気をつけなくてはいけない関係もありますが、基本的には大丈夫だと思っていただいて結構です。


パワースポットへの開運旅行は

     ▽
     ▽
     ▽











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

開運旅行
PR
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
タグ

三大パワースポット 神社 開運 占い 開運旅行 パワースポット 縁結び 運気 三大 風水 東京大神宮 高千穂神社 千葉県 香取神宮 鶴ヶ岡八幡宮 今戸神社 東京のパワースポット 弥彦山 彌彦神社 東京 明治神宮 鎌倉 箱根神社 雲海 群馬 開運方位 九星気学 三大パワースポット,開運,神社 榛名神社 北関東 温泉 筑波山神社 茨城 筑波山 箱根 戸隠神社 大阪天満宮 生田神社 金崎宮 一の宮射水神社 氣多大社 春日大社 吉備津神社 四国 大山祇神社 金力比羅宮 島根 八重垣神社 太宰府天満宮 宇佐神宮 お金 出雲大社 金運 富士山 新屋山神社 神明神社 三重県 九州の三大パワースポット神社 結神社 東海 遠江国一宮小園神社 久礼八幡宮 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。