スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開運方位と風水のお話し

気は風に乗ずれば散じ、
水に界てられれば即ち止まる。
古人はこれをあつめて散ぜしめず、
これを行いて止めるあり。
ゆえに、これを風水という。

歴史上「風水」という言葉がはじめて登場したのは、かくはくという人が書いた「葬書」という書物でした。

最初の文章は書の「風水」を説明した一節です。


古来人々は、あらゆるものを吹き飛ばす風を、すべてを押し流してしまう水を恐れました。

しかし、また一方で穏やかな風に生気を吹き込まれ、水に潤いを求めました。

また、特別な場所からもたらされる「気」は体内をめぐり、未来を変える力を持ちます。

風水では、万物を生み出し司るそのエネルギーの源を空想上の動物ですが、本当にいると古代中国では信じられまた、「龍」の脈動にたとえました。

龍は地中深く潜んでいるかと思えば、龍気となって現れ、そして天に昇るという存在です。

風水とは、見えざる龍の神秘力を観測し、人を導く「気」を見るものです。


中国で発祥した風水について考えるときに、まず「気」を理解する必要があります。

古代の中国人たちは、あらゆるものはこの「気」から成り立っていると考えました。

人体のなかを流れる生命エネルギーも「気」の流れであるし、物質的な形態をとっているものも「気」であるというのです。

西洋では、「エーテル」や「アストラル体」と表現し、また「オーラ」などの言葉で有名になった、「見えないけれど存在する(と思われる)エネルギー全般を、気と表現していたと思われます。

天も地も人体も、すべては「気」という同じものから成り立っているという、「気一元論」が中国の基本的な認識となっているのです。

今日では、科学も進化し、原子分子よりも更に細かい素粒子が存在し、その存在こそエネルギーとしか説明できないものであるという科学がだんだん占いや宗教、そして、古代人の発想に追いついてきている感じがします。

重要なのは、この「気」は感応しあうという点です。

同じ「気」から成り立っている以上、天で起こる現象は大地にも人間界にも影響を与えるし逆に人間界のなんらかの現象に感応して起こることもあります。

大地の気の流れのことを古代中国人は「龍脈」と表現しました。

大地にも巨大な気の流れが存在しこれを制御することによって、さまざまな吉祥をもたらそうする技術を風水術といいます。

健康法として日本でも有名になった「気功法」も、人体に流れる気の流れを操作することによって頑健な 肉体をつくる身体運動としてとらえることができるし、中国医学も、人体の「経絡」という気のネットワーク を理解し、外から見ると「不思議」としか思えないような治療を行うわけです。


日本では「風水による結婚占い」だとか、「風水術で人生の未来の吉凶がわかる」などと雑誌やテレビでとりあげられたりして、一時風水が大流行しました。

しかし、本当に意味の風水と、こういう風水とは違うのです。

風水とは、これまでお話ししたように、大地の気をどう制御し、どう動かしていくかを理論化したものであるという事になります。

風水には、4つの原則があるといわれます。それは、「龍」「穴」「砂」「水」というもの
で、それぞれ次のような意味となります。

龍……龍脈のこと。おもに山脈の形状を指していう場合が多いが、基本的には、気が流れているルートを意味します。

穴……龍穴のこと。これは龍脈のルートのなかでも気が集中しているツポを指す。特に良い龍穴の地を「明堂」といいます。

砂……龍穴の周囲の地形のこと。

水……河川や湖沼の位置や形のこと。


これらの4つの要素を総合的に判断することによって生き生きした気が充満している吉運の土地を発見するために、風水師あるいは堪拠師、地理師とも呼ばれる人々が、中国では必要とされたのです。

日本では国土が狭く、都会では特に、風水の良い土地を探し求めて自由にそこを購入するわけにはいきませんから必然的に「吉祥の土地を探し求める」というよりは、あるものの中での活用となっていきます。

そこから「家相」と関係してくるような、八宅風水などが重要視されるようになりました。

未だに「家相」と混同されているのは、風水が日本で有名になったきっかけが常に「家相」と一緒に情報として出されていたからです。



五行説という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この世界には5種の陰陽の気(木・火・土・金・水)が循環しているという古代中国の世界観、哲学の根本となる考え方で、陰陽説と混ざり合い全ての理論の根本となっている考え方です。

陰気が衰え地中の植物が芽を吹く(木)→職烈なる陽気(火)と→陰陽の交錯によって生じ(土)→陽気が衰え収縮することによって生じる陰気(金)→陰気が極まった(水)と流れていきます。
十二支も本来は、この流れをより詳細に分けたものであるわけです。

五行は天上の五星にも対応し、それらの星が地表におよぼす影響もまた、五行の働きと連動することになります。
陰陽五行説は、古代中国の思想に欠かせない考え方で、彼らはこの説に森羅万象、この宇宙の自然現象から人事全般にわたるあらゆる事象までを説明しよ
うとしました。

風水では、こうした五行の要素が互いに勝ったり、滅ぼしたり、害したり、生じたりすることを良しとせず、どれも均等なバランスをもって存在することを吉とし、そうした条件からのみ豊かな恵みがもたらされると、主張され、バランスを取ることが判断の基礎とされました。" "森羅万象を陰陽説で読み解こうとする考え方は方は「易」から生じたと思われます。

易は神人・伏義によって創造されたという伝説があります。

伏義の伝説によれば、彼は人顔蛇身の異形者で、このことから、伏義はある種のシャーマン、つまり神のメッセージを伝える存在であったと思われます。易にまつわる伝説は、その後、周の文王の再編集と、最終的に孔子によって10冊の解説書『十翼伝』が著されたことで『周易経文』(略して『易経』)として広く一般化したとされています。

この『易経』は帝王の書とも呼ばれ、秦の始皇帝の行った焚書令でも別格の重要書籍として難を免れて後世に残されています。

易は、全宇宙を構成する気「太極」のを読み解くために、まずそこから陰陽に分かれたとされ、陰爻と陽爻の組み合わせによって、四種類の図形が生み出されます。

これを四象(ししょう)と呼びます。

この四象がさらに陰爻、陽爻にわかれ、八卦(はっけ)となります。

出来上がった八卦を2つ組み合わせたまのが、六十四卦とされる易経で占う方法の「答え」となります。

単純に64の答えを導き出す形であれば、古代から行なっていた筮竹ではなく、たとえばコインの裏表を陰陽に見立てコイン占いという形でも易の判断ができます。

しかし厳密には変爻が重要で、単純に答えにたどり着けない複雑な理論が内在します。

陰陽から八卦、六十四卦には次のような流れで動きます。

陽と陽の組み合わせはあるは太陽と呼ばれ日・熱を表わします。陰と陰の組み合わせは太陰で月と冷気、陽が上位になる組み合わせは小陽で星、陰が上位になる組み合わせは小陰で遊星や夜を象徴していると言われています。

これらがさらに組み合わされて八卦が成立し、そして六十四種の卦に発展します。

風水で方位の意味を36種類全て網羅している羅盤にも書かれる八種の記号が八卦というわけです。
八卦は乾(天)、兌(沢)、雛(火)、震(雷)、巽(風)、坎(水)、艮(山)、坤(地)となります。

八卦には多くの象意が付されており、それぞれに八方位、人、身体、動物などの属性が対応しています。

伏義は、天地自然の山川、風水を観察する中ことで、それらのすべてがこの八卦に収数できることを発想したといわれています。

しかしそれはあくまでも基本的な属性でしかなく、実占では複雑に組み合わさった象意を読み解く必要が出てきま
す。

理論を学習しただけで占い師にはなれない理由はここにあります。自分のインスピレーションや人生の経験則からくる知識も全て総動員してはじめて正しい方向のイメージが出てくるのです。



八卦のは巽(南東)・坤(西南)・乾(北東)・艮(東北)の四方位に、十干と十二支の周期・組み合わせによる20の方位をプラスした方位区分です。

これは、360度を8等分した後天八卦をさらに15度ずつ3分割したもので、「二十四山」と呼ばれます。

二十四山の構成要素である十干・十二支とは、次のようなものです。

宇宙が混沌から始まったという伝説は、ギリシャ神話や聖書にも書かれていますが、中国も同じです。この大地は元々宇宙の混沌がもとでその混沌から発した五行はそれぞれ陽と陰を兄と弟に当てはめ分かれ、十干のそれぞれを形成します。

すなわち、甲(木の兄)、乙(木の弟)、丙(火の兄)、丁(火の弟)、戊(土の兄)、己(土の弟)、庚(金の兄)、辛(金の弟)、壬(水の兄)、葵(水の弟)の十干です。

十二支とは12の時間です。

基準は天徳を司るといわれる木星(太歳)の周期運行によります。

木星は五星のひとつで、約12年で天空を一周します。このとき、地球から見ると西から昇って東に沈みますが、この軌道の対角線上、つまり東から昇って西へ沈む仮の軌道」…一に想像上の神星を仮定したわけです。

この星を太歳と呼び、その軌道を12に区分したものが十二支なのです。

この12の区分にそれぞれ動物を当てたのが、日本でいう「干支」です。

中国では木星を神の星とし、とても大切にしてきました。

西洋ではジュピターと呼び、ジュビターはギリシャ語でゼウスです。
ゼウスはギリシャ神話の神々の王です。

占い【無料悩み相談】無料なのに本格鑑定!気軽に相談してみよう

総合運 恋愛運 仕事、金運

クリック》》 無料占いメール相談






今年こそ成功する!
2013年の運気展望と開運法
※運気上の2013年は2月4日より



スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

開運方位と風水のお話し

"気は風に乗ずれば散じ、
水に界てられれば即ち止まる。
古人はこれをあつめて散ぜしめず、
これを行いて止めるあり。
ゆえに、これを風水という。

歴史上「風水」という言葉がはじめて登場したのは、かくはくという人が書いた「葬書」という書物でした。

最初の文章は書の「風水」を説明した一節です。


古来人々は、あらゆるものを吹き飛ばす風を、すべてを押し流してしまう水を恐れました。

しかし、また一方で穏やかな風に生気を吹き込まれ、水に潤いを求めました。

また、特別な場所からもたらされる「気」は体内をめぐり、未来を変える力を持ちます。

風水では、万物を生み出し司るそのエネルギーの源を空想上の動物ですが、本当にいると古代中国では信じられまた、「龍」の脈動にたとえました。

龍は地中深く潜んでいるかと思えば、龍気となって現れ、そして天に昇るという存在です。

風水とは、見えざる龍の神秘力を観測し、人を導く「気」を見るものです。


"中国で発祥した風水について考えるときに、まず「気」を理解する必要があります。

古代の中国人たちは、あらゆるものはこの「気」から成り立っていると考えました。 人体のなかを流れる生命エネルギーも「気」の流れであるし、物質的な形態をとっているものも「気」であるというのです。

西洋では、「エーテル」や「アストラル体」と表現し、また「オーラ」などの言葉で有名になった、「見えないけれど存在する(と思われる)エネルギー全般を、気と表現していたと思われます。

天も地も人体も、すべては「気」という同じものから成り立っているという、「気一元論」が中国の基本的な認識となっているのです。

今日では、科学も進化し、原子分子よりも更に細かい素粒子が存在し、その存在こそエネルギーとしか説明できないものであるという科学がだんだん占いや宗教、そして、古代人の発想に追いついてきている感じがします。

重要なのは、この「気」は感応しあうという点です。

同じ「気」から成り立っている以上、天で起こる現象は大地にも人間界にも影響を与えるし逆に人間界のなんらかの現象に感応して起こることもあります。

大地の気の流れのことを古代中国人は「龍脈」と表現しました。

大地にも巨大な気の流れが存在しこれを制御することによって、さまざまな吉祥をもたらそうする技術を風水術といいます。

健康法として日本でも有名になった「気功法」も、人体に流れる気の流れを操作することによって頑健な 肉体をつくる身体運動としてとらえることができるし、中国医学も、人体の「経絡」という気のネットワーク を理解し、外から見ると「不思議」としか思えないような治療を行うわけです。



日本では「風水による結婚占い」だとか、「風水術で人生の未来の吉凶がわかる」などと雑誌やテレビでとりあげられたりして、一時風水が大流行しました。

しかし、本当に意味の風水と、こういう風水とは違うのです。

風水とは、これまでお話ししたように、大地の気をどう制御し、どう動かしていくかを理論化したものであるという事になります。

風水には、4つの原則があるといわれます。それは、「龍」「穴」「砂」「水」というもの
で、それぞれ次のような意味となります。

龍……龍脈のこと。おもに山脈の形状を指していう場合が多いが、基本的には、気が流れているルートを意味します。

穴……龍穴のこと。これは龍脈のルートのなかでも気が集中しているツポを指す。特に良い龍穴の地を「明堂」といいます。

砂……龍穴の周囲の地形のこと。

水……河川や湖沼の位置や形のこと。


これらの4つの要素を総合的に判断することによって生き生きした気が充満している吉運の土地を発見するために、風水師あるいは堪拠師、地理師とも呼ばれる人々が、中国では必要とされたのです。

日本では国土が狭く、都会では特に、風水の良い土地を探し求めて自由にそこを購入するわけにはいきませんから必然的に「吉祥の土地を探し求める」というよりは、あるものの中での活用となっていきます。

そこから「家相」と関係してくるような、八宅風水などが重要視されるようになりました。

未だに「家相」と混同されているのは、風水が日本で有名になったきっかけが常に「家相」と一緒に情報として出されていたからです。


五行説

この世界には5種の陰陽の気(木・火・土・金・水)が循環しているという古代中国の世界観、哲学の根本となる考え方で、陰陽説と混ざり合い全ての理論の根本となっている考え方です。

陰気が衰え地中の植物が芽を吹く(木)→職烈なる陽気(火)と→陰陽の交錯によって生じ(土)→陽気が衰え収縮することによって生じる陰気(金)→陰気が極まった(水)と流れていきます。
十二支も本来は、この流れをより詳細に分けたものであるわけです。

五行は天上の五星にも対応し、それらの星が地表におよぼす影響もまた、五行の働きと連動することになります。
陰陽五行説は、古代中国の思想に欠かせない考え方で、彼らはこの説に森羅万象、この宇宙の自然現象から人事全般にわたるあらゆる事象までを説明しよ
うとしました。

風水では、こうした五行の要素が互いに勝ったり、滅ぼしたり、害したり、生じたりすることを良しとせず、どれも均等なバランスをもって存在することを吉とし、そうした条件からのみ豊かな恵みがもたらされると、主張され、バランスを取ることが判断の基礎とされました。" "森羅万象を陰陽説で読み解こうとする考え方は方は「易」から生じたと思われます。

易は神人・伏義によって創造されたという伝説があります。

伏義の伝説によれば、彼は人顔蛇身の異形者で、このことから、伏義はある種のシャーマン、つまり神のメッセージを伝える存在であったと思われます。易にまつわる伝説は、その後、周の文王の再編集と、最終的に孔子によって10冊の解説書『十翼伝』が著されたことで『周易経文』(略して『易経』)として広く一般化したとされています。

この『易経』は帝王の書とも呼ばれ、秦の始皇帝の行った焚書令でも別格の重要書籍として難を免れて後世に残されています。

易は、全宇宙を構成する気「太極」のを読み解くために、まずそこから陰陽に分かれたとされ、陰爻と陽爻の組み合わせによって、四種類の図形が生み出されます。

これを四象(ししょう)と呼びます。

この四象がさらに陰爻、陽爻にわかれ、八卦(はっけ)となります。

出来上がった八卦を2つ組み合わせたまのが、六十四卦とされる易経で占う方法の「答え」となります。

単純に64の答えを導き出す形であれば、古代から行なっていた筮竹ではなく、たとえばコインの裏表を陰陽に見立てコイン占いという形でも易の判断ができます。

しかし厳密には変爻が重要で、単純に答えにたどり着けない複雑な理論が内在します。

陰陽から八卦、六十四卦には次のような流れで動きます。

陽と陽の組み合わせはあるは太陽と呼ばれ日・熱を表わします。陰と陰の組み合わせは太陰で月と冷気、陽が上位になる組み合わせは小陽で星、陰が上位になる組み合わせは小陰で遊星や夜を象徴していると言われています。

これらがさらに組み合わされて八卦が成立し、そして六十四種の卦に発展します。

風水で方位の意味を36種類全て網羅している羅盤にも書かれる八種の記号が八卦というわけです。
八卦は乾(天)、兌(沢)、雛(火)、震(雷)、巽(風)、坎(水)、艮(山)、坤(地)となります。

八卦には多くの象意が付されており、それぞれに八方位、人、身体、動物などの属性が対応しています。

伏義は、天地自然の山川、風水を観察する中ことで、それらのすべてがこの八卦に収数できることを発想したといわれています。

しかしそれはあくまでも基本的な属性でしかなく、実占では複雑に組み合わさった象意を読み解く必要が出てきま
す。

理論を学習しただけで占い師にはなれない理由はここにあります。自分のインスピレーションや人生の経験則からくる知識も全て総動員してはじめて正しい方向のイメージが出てくるのです。



八卦のは巽(南東)・坤(西南)・乾(北東)・艮(東北)の四方位に、十干と十二支の周期・組み合わせによる20の方位をプラスした方位区分です。

これは、360度を8等分した後天八卦をさらに15度ずつ3分割したもので、「二十四山」と呼ばれます。

二十四山の構成要素である十干・十二支とは、次のようなものです。

宇宙が混沌から始まったという伝説は、ギリシャ神話や聖書にも書かれていますが、中国も同じです。この大地は元々宇宙の混沌がもとでその混沌から発した五行はそれぞれ陽と陰を兄と弟に当てはめ分かれ、十干のそれぞれを形成します。

すなわち、甲(木の兄)、乙(木の弟)、丙(火の兄)、丁(火の弟)、戊(土の兄)、己(土の弟)、庚(金の兄)、辛(金の弟)、壬(水の兄)、葵(水の弟)の十干です。

十二支とは12の時間です。

基準は天徳を司るといわれる木星(太歳)の周期運行によります。

木星は五星のひとつで、約12年で天空を一周します。このとき、地球から見ると西から昇って東に沈みますが、この軌道の対角線上、つまり東から昇って西へ沈む仮の軌道」…一に想像上の神星を仮定したわけです。

この星を太歳と呼び、その軌道を12に区分したものが十二支なのです。

この12の区分にそれぞれ動物を当てたのが、日本でいう「干支」です。

中国では木星を神の星とし、とても大切にしてきました。

西洋ではジュピターと呼び、ジュビターはギリシャ語でゼウスです。
ゼウスはギリシャ神話の神々の王です。


今年こそ成功する!
2013年の運気展望と開運法
※運気上の2013年は2月4日より



占い【無料悩み相談】無料なのに本格鑑定!気軽に相談してみよう

総合運 恋愛運 仕事、金運

クリック》》 無料占いメール相談





テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

開運旅行
PR
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
タグ

三大パワースポット 神社 開運 占い 開運旅行 パワースポット 縁結び 運気 三大 風水 東京大神宮 高千穂神社 千葉県 香取神宮 鶴ヶ岡八幡宮 今戸神社 東京のパワースポット 弥彦山 彌彦神社 東京 明治神宮 鎌倉 箱根神社 雲海 群馬 開運方位 九星気学 三大パワースポット,開運,神社 榛名神社 北関東 温泉 筑波山神社 茨城 筑波山 箱根 戸隠神社 大阪天満宮 生田神社 金崎宮 一の宮射水神社 氣多大社 春日大社 吉備津神社 四国 大山祇神社 金力比羅宮 島根 八重垣神社 太宰府天満宮 宇佐神宮 お金 出雲大社 金運 富士山 新屋山神社 神明神社 三重県 九州の三大パワースポット神社 結神社 東海 遠江国一宮小園神社 久礼八幡宮 

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。